読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は少し不安定だったが、ある程度コントロール出来た。

 

朝、タバコが無くなったから買いにいったのと、貯蓄分を入金したのを記帳しにいった。

 

まずは郵便局で記帳したが、順調に貯金出来ている。このまま3月の決算まで貯め続けば、年100万も夢じゃない。そう思うとやる気が出てきた。もっと頑張ろう。

 

帰りにコンビニに寄った。お腹が空いた為、店内をうろうろしていたが、おにぎりが美味しそうだったのでおにぎりを買った。タバコも一緒に買ったが、店員のマダムが袋の中にパンを入れてきた。「あれっ、私買ってませんよ?」と言ったら「入れておきます!」と言って袋にパンを入れた。ラッキー!こういうこともあるもんだ。しっかりマダムにお礼を言ってコンビニを去った。

 

家で朝御飯におにぎり二個を食べたが、やはりコンビニおにぎりは美味しい。たまに食べると美味しいな。三角手巻きおにぎりが好きだ。

 

昼御飯にマダムが入れてくれたパンを食べたが、何年ぶりに菓子パンを食べたのだろうか。久々の菓子パンだった。体に砂糖が染み渡る。

 

食べて少ししたら掃除。今日は少し丁寧にやった為、物凄くゴミが取れた。部屋が綺麗になると落ち着く。

 

掃除が終わってから暇だったので、自己満足用の小説を書いた。フレネミーの自己愛性人格障害になりきって、自己愛性人格障害視点での小説を書いてみたが、自分は自己愛性人格障害じゃないのでその心理はよく分からない。昔から「相手の立場になって考えなさい」と言われ続けた結果、他人と自分との境界線が曖昧になった。だがそのおかげでこういう小説を書くという楽しみが見出だせると思うと、感謝しなくてはならない。一度書くとせきを切った様にペンが進む。よっぽどこのフレネミーに対して憎しみがあったのだと自覚した。

 

小説を書いた後でネットをしていたが、途中で旦那から「遅くなる」とLINEが来たので、ほっともっとを注文した。いつもビビンバを頼むが、今回はメンチカツも付けてみた。以外とほっともっとのメンチカツは美味しい。

 

小説を書いた辺りから情緒不安定になったが、ネットをしたりご飯を食べているうちにすっきりした。やはり気分転換は必要だ。

 

小説は自己満足の為、外に出す気はないが、もし上手く書けたのだったら自分で保存しておこう。もしフレネミーが図に乗って上から目線で威張り散らしたら公開してやろうかと思う。これが自己愛性人格障害の人間への復讐になるのだったら本望だ。自己愛性人格障害の犠牲者でなければ、あの異常さは分からない。良心の無い人間は普通にいるというのがよく分かる。

 

何処に行ってもクラスタB群の人格障害がいると思うと、少し怖い。何故かこの群の人格障害に遭遇するのだが、深入りすると人生が壊れるのだな、と染々思う。自分の第六感が働くのは、だいたいこの群の人格障害なので、直感で感じたら逃げるのが吉だと思った。