読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は旦那に休んでていいと言われたが、結局休まなかった。

 

朝方、かなり熟睡していた。相当疲れていたみたいだ。旦那が出勤しようとしても起きられなかった。かなりの時間眠っていた。

 

起きてからブログ巡回をしたが、やはりどのブログも面白い。いつも面白い情報を見せて頂き、とても幸せです。ありがとうございます。

 

その後、ネットを少し見てからお昼ご飯を食べた。アスペルガーと自己愛性パーソナリティ障害の違いを調べていたが、何となく違いが分かった。アスペルガーは悪意なく他人に対して空気の読めないことを言い、自己愛性パーソナリティ障害は悪意というよりは対人操作の為に空気の読めないことを言うのだと分かった。よく言われている自己愛性パーソナリティ障害の人間はどの精神科医よりも早くアスペルガーを見抜くという話も頷ける。

 

そして少しパーソナリティ障害について掘り下げて調べていたが、何故私がパーソナリティ障害のターゲットになりやすいのか、その理由がよく分かった。

 

どうやら私の母親が自己愛性パーソナリティ障害の気があり、私に対して酷い扱いをしていたからこそ、その自尊心の低さがそういったパーソナリティ障害に付け入る隙を与えているという結論に至った。

 

私の母親は何かしら気に食わないことがあると、いつも私に対して怒鳴り散らし、手を上げていた。酷い時は私が何もしていないにも関わらず、ただ八つ当たりしたいという理由で勝手に騒いで手を上げてきたこともあった。また、犯罪被害に遭った時も「あんたがそんなんだから被害に遭うんだ」「この家よりも犯罪加害者といる方が楽なんだろ?」と執拗に私を攻撃してきた。その結果、顔の半分が異常なまでに引きつるチックに悩まされ、その後遺症はつい最近まであった。未だにストレスがかかるとチックが出る。

 

こういう人間に育てられたからこそ、パーソナリティ障害の人間が目を付けてくるのだろう。

 

ブラック企業に勤めていた時、どう考えても自己愛性パーソナリティ障害だろうと思われるパワハラ上司に、先輩いわく今までで一番酷くパワハラを受けていた。敢えてミスを誘導し、取るに足らないミスをチクチクと指摘され、果てはミスをでっち上げられたり、研修中に後輩の前でこき下ろされたりした。むしろその上司がいない時の方がのびのびと仕事が出来ていたし、ミスが少なかった。

 

ではこれからどうしたら良いのだろうか。昔は自尊心が人並みにあったが、それでも自尊心を踏み潰されてでも私をターゲットにしてくる奴らにはどう対処したら良いのだろうか?もう流石にモラハラパワハラ、セクハラに耐える体力・気力は残っていない。

 

この対策を練って、毅然とした態度が取れる様に後ろ楯をしっかりと取ろう。付け入る隙を与えずに、堂々としていたらつけ込まれないのか、とふと思う。

 

結局体が動くので、掃除と料理をしてしまった。休みたいけど休めない。この辛さはいつまで続くのだろうか。