読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

努力出来るということは才能か?

よく「努力も才能」と言う人がいるが、果たしてそうだろうか?

 

どうしても達成したい目標が出来たら、それに向かって努力出来ると私は思う。痩せたい、モテたい、良い大学に行って大手企業に就職したい…。本気でそう思ったら、すぐに努力出来ると私は考える。

 

ダイエットに関しても、よく「痩せたいな」というだけの人がいるが、本気で痩せたいと思っている訳ではないと思う。もし本気で痩せたかったら、ネットや本、痩せた人から情報収集した上ですぐに取り入れて真剣に取り組むと思う。

 

だが、けっこうな割合の人がやりがちなのは、すぐに結果を出そうとして極端なことをして、毎日継続出来ずに挫折するということだ。

 

ダイエットで例えるなら、「○○食べるだけダイエット」「糖質制限ダイエット」等である。これらは相当意思が強くなければ続かない。私も糖質制限ダイエットをやったが、途中で低血糖を起こして慣れるまで大変だった。

 

何事も継続第一。習慣にしてしまえば、続けられる。ただしあまり無理をせず、もう少しやれるな、程度の「腹八分目」程を目指せば無理なく続けられる。

 

また目標設定も重要である。

 

短期目標、中期目標、長期目標を立てて実行すれば、かなり楽に続けられる。ダイエットで言うと…。

 

短期目標・バランスよく食べつつよく噛んで食事量を減らす、毎日8000歩歩く

中期目標・毎月1~2キロ落とす

長期目標・標準体重まで落とす

 

という具合にすると達成しやすい。短期目標と中期目標はこなす度に臨機応変に変えれば、達成感が得られて続けられる。

 

こう考えれば、努力は才能ではないと分かって頂けたかと思うが、努力が出来ない人はすぐに結果を出そうとして極端なことをしては、失敗して三日坊主になる。いきなり極端なことをするのではなく、少量のことを毎日続ける方が結果が出るだろう。努力はこなす量を少しずつにして毎日継続すれば、誰でも出来ると思う。

 

だからこそ、言い訳ばかりして努力出来ない理由を探してそのままなのは良いが、努力している人の足を引っ張らないで頂きたい。そして努力している最中の人は、足を引っ張る「努力出来ない人」に負けずに「よそはよそ、うちはうち」と開き直って頑張って頂きたい。