読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は前半は調子が良かったものの、後半は調子が悪かった。

 

起きてから少しして勉強をした。後数ページで一周目が終わる。二周目はもう少し早いペースで終わるだろう。

 

少ししたら午後から休みの旦那が帰ってきた。休んでて貰いたいので、掃除を私がやった。洗濯は手伝ってくれたものの、昼食は私が作った。

 

予習・復習を終えた後、お姑さんとお話をした。やはりよく話す可愛らしい人だ。少し元気を分けて貰った。

 

だが、夜かなり不安定になった。体調があまり良くないので夕飯の準備を旦那に手伝って貰ったが、魚を焼くグリルに水を入れただけで手伝った気になっていた。そして体調が悪い中何とか作っていると「やってくれてありがとうね」。正直作ったものを運ぶなり、炊飯釜の中のお米を混ぜるなりして欲しかった。「手伝って」と言っているのに、「やってくれて」というのは意味が分からない。体調が悪いと伝えたにも関わらず、やれと?

 

その後ご飯を食べながら自分が思っていたことを伝えた。結婚してから思いやりに欠ける行動が増えたこと、言わない私も悪いが少しは空気を読んで欲しいこと、私は母親でも姉でも無いから甘えられ過ぎるとしんどいこと等を話した。いつもならば強がって旦那の自虐も「そんなことない」と否定するが、昨日は否定しなかった。旦那は距離感が分からないと言っていたが、そこは二人で擦り合わせて行くものではないかと話した。

 

また今まで何故言いたいことを黙っていたのかも話した。私が意見を言うと逆ギレを起こしていたので、舐められていると思ったと同時に怖かったと話した。舐めているということはないと言っていたが、本当のところはどうなのだろう。反省している風ではあったが、また元に戻るのではないかと思うと、少し心を鬼にして接した方が良いと思った。

 

今までは見守るスタンスでいたが、それでは甘えが出てしまう。なので少し厳しくしよう。もちろん自分にも厳しくしよう。