統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は猫さんの滑皮さんの病院だった。

 

朝起きてシャワーを浴びて少ししてから滑皮さんを捕まえて、タクシーに乗って北大動物医療センターに行った。滑皮さんは始終ビビっていた。だが、かなりぐったりとしていた。これは大丈夫なのだろうかと思った。

 

動物医療センターに着いてから、やたらと喉が乾いた。寝不足+朝の水分不足で具合が悪い。頭が働かない中、何とか対処しようと必死になった。もういい加減呆けてくるかもしれない。

 

呼ばれて行ってみると、何とか説明したものの、頭が働かない。何とか説明し、説明を受けつつ滑皮さんを預けた。

 

少ししてから、ファミマにスポーツドリンクを買いに行った。喉がカラカラだったので、スポーツドリンクが美味しく感じられた。

 

動物医療センターでかなり待ったが、なかなか呼ばれないので、痺れを切らしてお昼ご飯を買いに行った。北大病院の近くのセイコーマートで一休みしていると、動物医療センターから電話が来た。内容は…。

 

抗がん剤は効いているものの、貧血が酷い。緊急性は無いが、もう一匹の同居の猫さんから輸血をしたい。という内容だった。

 

すぐには返答が出来ないと話し、一旦返答を保留した。

 

何とか動物医療センターに戻ろうとダッシュするも、私自身が貧血+脱水+過労で倒れそうだった。ここで倒れたら、滑皮さんが死んでしまうかもしれない。そう思ったので、頑張って早歩きで戻った。着いた瞬間にバテてしまった。急いで旦那に連絡を取るも、なかなか出ない。これは参った。

 

呼ばれたので行ってみると、どうやら抗がん剤は本当に効いている様だった。ただし、貧血が酷く、このまま状態が酷くなる様ならば、輸血を考えた方が良いとのこと。つまりは猫さんの姫を連れてきて、姫の血液を滑皮さんに入れるということになる。姫は車酔いが酷い。その為、連れてきたら今度は姫が具合が悪くなってしまう。どうしたら良いものか迷う。転院の話をしてみたが、案外主治医が好意的だったのは驚いてしまった。そして、輸血をするならば、近所の掛かり付けの病院でも良いとのこと。何とかしないとな、と思った。

 

診察が終わった後で掛かり付けの病院に聞いてみたが、上手く説明出来なかった。何とか受け付けの人に噛み砕いて頂き話を通したが、結局ダメだった。かなり途方に暮れてしまった。

 

滑皮さんを受け取ってからタクシーに乗って帰宅。帰ってくるなり、「早く出せや~!」と滑皮さんが騒いでいた。姫が出迎えてくれたが、悲しくて姫を直視出来なかった。

 

早めに帰ってきた旦那に事情を詳しく話すと、出来なかったことをくどくどと言われ、本当にこの病気が嫌になった。

 

少し調べてみると、厚別区の病院で輸血が行える病院があった。しかもそこは輸血猫さんがいらっしゃるとのこと。その子には悪いが、血液を分けて貰おうと思ってしまった。

 

様子を見ると、あまり調子が良さそうではない。どうしたら良いかよく分からない。もう頭が混乱する。どこでもあーしろ、こーしろ。私を休ませたく無いみたいだ。一体どうすれば良いのだろうか。

もうそろそろ…。

ヤバいかもしれない。

 

色々なことが急ピッチで進んでいるから、正直ついていけない。そのうち、張り詰めていた糸がプツンと切れる様に呆けてしまうのではないかと思うと、怖い。

 

前々から私の状態を、骨折した足をそのまま猛ダッシュしていると言っていたが、今は足を酷使し過ぎて複雑骨折している中でカエル飛びをしている状態だ。このままでは、いつ呆けるか分からない。

 

薬の量も限界。かといってこれ以上強い薬を出されれば、また強い副作用に悩まされる可能性がある。もうアカシジアは嫌だ。かといって太るのも嫌だ。

 

治しても治しても、降りかかる災難。これはどうしたら良いのだろうか。そろそろ限界が近い。ナイフを持って発狂しそうだ。これはどうしたら良いのだろうか。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は月経痛で1日動けなかった。

 

朝起きて少ししてから、猫さんの滑皮さんに投薬をした。とても嫌がったが、何とか飲ませた。この瞬間、とても心が痛む。前々から書いている様に、薬が好きな生物は人間のメンヘラ構ってちゃんか病院で病気自慢するジジババ位だろう。飲まなくて良いならば誰も薬なんか飲みたくないだろう。猫さんならば尚更そうだ。

 

投薬をして少ししてから、猫さんたちに餌をあげた。猫さんの姫は「早くご飯欲しいにゃん!姫が食べたいのはダイエットフードじゃなくて美味しいご飯だよ。でも何でも良いから早くちょうだい!」と騒いでいた。そして足をびっこを引いていた滑皮さんは、餌の時はしゃっきりと歩いて来る。弱々しい声で「おいっ、早く飯くれや!」と鳴いた。滑皮さんはステロイド剤の副作用なのか、食欲だけは衰えない。ただ、食べる速度が少し遅くなった。

 

今のところ、抗がん剤の副作用と言われている吐き気や下痢・血便は無い。ただ、日々元気が無くなっていく。特に夜が苦しそうだ。

 

ここで、ふと主治医に疑問が沸いた。検査は血液検査のみで、腎臓の数値を特に調べている様子が無い。また、尿検査をすると言っていたが、抗がん剤を打つまでは尿を採取していなかった。更に始めの方は画像診断をしてくれていたが、最近は全く無く、血液検査のみで終わらせていた。本当に細部まで見た上で判断しているのだろうかと。栄養学しか学んでこなかったが、ほぼ素人の私でも下半身に力が入らない様子、腎臓の異常、痛みがみられたが、その辺はどうなんだろうとふと疑問に思った。

 

私自身も、今は何が起こっているのか分からない状態だ。自分のことでもかなりいっぱいいっぱいだが、滑皮さんと姫のこともしっかりと見なければならない。家事もしなければならない。その上外に出ることも出来ない。本当に病みそうだ。

 

その後は猫さんの様子を見つつ、休んでいた。食欲も全く出ない。お腹と腰が痛く、頭まで痛くなり始めてきた。バファリンを飲んでも効かない。これはどうしたらいいものか。

 

何とか体調が悪い中、滑皮さんと姫の様子を見た。滑皮さんは目を開けて寝ている以外はあまり悪い様子も無い。強いて言うなら、少し歩いたら休む程度だ。姫は滑皮さんを心配して、側で様子を伺いつつも、私の様子も伺っている。彼女には悪いことをした。痛みかつ目が悪くなったのか、姫を威嚇する滑皮さん。その時姫は悲しそうな顔をしていた。あれだけ優しかった滑皮さんの変わり様に姫も戸惑っているようだった。そして私の不調…。このままでは姫まで具合が悪くなってしまう。どうしたら良いのだろうか。

 

結局家事も勉強も出来なかった。

 

旦那が帰ってきたら、明日の滑皮さんの診療について、聞いて欲しいことをたくさんまくし立てて来たので、より頭が混乱した。また、いちいち滑皮さんを心配するので、私まで不安になってきた。本当に訳が分からなくなってきてしまった。心臓と胃が痛い。

 

 

★★★

私は正直死ぬのはあまり怖くはない。死んだ後に昔飼っていた猫さんたちに会えるし、尊敬していた母方の祖父や父方の祖父母に会えると思うからだ。また、以前書いたうつ病の闘病の末に亡くなった、顔こそ見たことも無ければ会ったことの無いネット上の友人にも、もしかしたら会えるのではないかという期待がある為、正直怖くはない。

 

だが、今一番怖いのは、薬の副作用で苦しむことと、呆けることだ。

 

統合失調症には認知機能障害と呼ばれる、進行すれば認知症に近いであろう症状が出てしまうだろうと思われる症状がある。私の場合はそれが強く出ているが、これ以上呆けてしまったら、愛している人や友人たちの顔すら忘れてしまうだろうという恐怖がある。また、被害妄想が強く出やすいのが私の症状だが、愛する人を疑い怯えることがどんなに辛いかは恐らく、発症した人ではない限り分からないだろう。本来味方であるはずの人間が、全て敵に見える。周囲から攻撃されていると感じ、怯える生活が気楽に思えるのだろうか。

 

見えないはずの無いものが見え、聞こえるはずの無い声が聞こえる。何を信じたら良いのだろうか。

 

少しでもマシにする為に薬を飲み、その薬の副作用で苦しむ。この苦しみは恐らく当事者同士でも理解し合えない部分もあるだろう。

 

私は元々喘息気味かつ心臓があまり丈夫ではない。常に心臓の痛みに耐えつつ薬を飲んでいる。だからこそ、滑皮さんが薬を嫌がる気持ちが少しだけ理解出来る。

 

理解しろ、特別扱いしろ、と、いわゆる「障害者様」の様なことを主張する気持ちは更々無い。だが、あまりこの病気の当事者の声をリアルタイムで聞くことは恐らく無いと思うので、書いておいた。

獣医の孫、および元医療系の勉強をしていた身として思うこと

突然だが、私が尊敬し、亡くなった時にショックが大きかった母方の祖父は獣医だった。本来は大動物や家畜を診ていたが、犬猫小動物に診療対象を変えて、安い治療費でたくさんの動物を診てきた。私も幼少期に手術に立ち会ったり、病原菌を顕微鏡で見たり、入院している犬さん猫さんのお世話をしていた。たくさんの生誕や死を見てきたが、生命というのは実に神秘的だと思った。ただし、私は絶望的に手先が不器用なので、獣医にはならなかったが。

 

ドクターXやブラックジャックの影響で、医療の現場は治してなんぼという風潮が出来上がっている。神の手と呼ばれる手で手術し、完治させるというのが主流になっている。延命する為に様々な医療関係者が全力を尽くしている。その為、人間のみならずペットまで長生きする時代に突入している。食事もかなり改善され、良い薬が出来、医療技術まで向上している。昔とは比べようが無い位「良い医療」が受けられる様になっている。

 

だが、その一方で、患者自身が苦しみのあまりに「死にたい」と訴えても、家族の意向や医療関係者の都合で延命治療という「苦しみ」を与え続けるということも起きている。家族は年金や年金保険の為、医療関係者は医療実績の為に患者自身の苦しみを差し置いて、エゴを押し付けることがよくあると聞いた。この話を聞いて、基本的人権とは何だろうか、と考えてしまった。

 

今、私の家には病人と病猫さんがいる。病気になった身としては、闘病は物凄く苦しいものだと思う。事実私は何度も「死」が頭をかすめた。多発性骨髄腫を発症してしまった猫さんの滑皮さんも同じだろう。何度も苦しむことを考えれば、死にたくなっても仕方ないだろう。死んだ方がマシだ、楽にして欲しいと思うのも無理は無い。段々と出来ることが少なくなっていく。生物らしさが失われ、記憶すら怪しくなっていく。精神も崩壊し、苦しみばかりが募っていく絶望は、恐らく闘病したことが無い人には想像がつかないだろう。

 

医療関係者には、ブラックジャックとドクターキリコの側面を抱えている。普通の病院がブラックジャックならば、ホスピスがドクターキリコだろう。生と死。両方を見つめつつ、インフォームドコンセントと呼ばれる、患者側の意思を尊重し、生物としての尊厳を失わせない様に配慮しなければならない。QOLと呼ばれる、人生の質の向上の為に、出来ることをしていくのが医学の基礎だ。その生物にとって、何がベストなのか。それを見極めるのが医療関係者の仕事であり、決して治すことだけが答えではない。少なくとも不味いご飯を食べて、点滴でお風呂にも入れなくて、喉が乾いても水が飲めなくて、体や脳の自由が利かなくて苦しんでまで生きたいのかというと、個人の価値観にもよるが、大体の人は死を選ぶと思った。

 

それを考えると、滑皮さんの相棒・高田には可哀想なことをした。彼は死を覚悟していたが為に、苦しみつつ延命させて、最期は苦しんで逝ってしまった。結局は私のエゴで彼を苦しめてしまった。悔やんでも悔やみきれない。心臓の病気で苦しんでから、安楽死をさせてあげれば良かったと物凄く後悔している。自分の無能さを呪った。

 

今現在、滑皮さんと私は食欲がある。食欲があるということは、生きたいという証だ。もっと美味しいものを食べたい。もっと好きな人と一緒に居たい。この気持ちで生きている。この気持ちが無くなった時は、滑皮さんに対しては安楽死も視野に入れよう。どの選択が滑皮さんにとって良いかは分からないが、ベストを尽くそうと思った。私に関しては安楽死は難しいが、意識がある限りは死なない様にしようと思った。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は少し具合が悪かった。

 

朝起きても眠りから覚めない。コーヒーを飲んでも目覚めない。猫さんの滑皮さんの投薬は旦那が行った。猫さんの姫が見守る中、滑皮さんに投薬をしたが、旦那が投薬をすると落ち着いて飲む。やはり彼は旦那が大好きなんだな、と思った。

 

少しして、旦那が免許更新に出掛けた。猫さんたちの様子を見ていたが、寝ている以外は特に普通だった。一昨日よりは体調が良くなっている。少しほっとした。

 

旦那が帰ってきてからお昼ご飯を食べてから少し出掛けた。

 

ドラッグストアで買い物をした後で、産直で野菜を買った。

 

帰宅後はずっと寝ていた。最近は様々なことがあった。物凄く疲れてしまった。あれから、勉強が手につかなくなった。もう少し頑張りたいが、今は休もう。

 

夕方頃、少しだけ掃除をした。残りは旦那がやってくれた。物凄く助かった。

 

 

★★★

 

最近は旦那に惚れ直したかもしれない。

 

地震があったら、何よりも早く私の元へ駆け付けてくれたり、滑皮さんや姫の面倒を積極的に見てくれている。まるで私が大好きだった頃の旦那に戻った様だった。

 

それだけでかなり嬉しい。だからこそ、旦那に失望されないようにしよう。

滑皮さん闘病日記

昨日の猫さんの滑皮さんは、少し具合が良さそうだった。

 

朝起きてから投薬をすると、少し抵抗をした。抵抗も空しく投薬をされていた。その後のおやつタイムでは、猫さんの姫と一緒におやつを喜んで食べていた。

 

その後にご飯をあげたが、ご飯の時は「早くくれよ!」と催促していた。食欲はかなりある。食べた後はうずくまっていた。やはり苦しいのだろうか。

 

その後は苦しそうにしつつも寝ていた。人間が寝ると猫さんも寝るのだろうか。呼吸は昨日よりも穏やかだった。

 

抗がん剤の副作用は今のところ、言うほど出ていない。ただ、後ろ足の右側をびっこを引いて歩いているのが気になる。姫はその間ずっと滑皮さんを心配そうに見つめていた。あまりにも近づくと威嚇される。なので、滑皮さんが嫌がらない程度に近づきつつ様子を見守っていた。

 

姫も姫で心配なのだろう。病気が辛いのならば猫パンチで意識を戻し、近づいて彼の匂いで体調を確かめていた。日に日に彼が神経質になっていく。この状態は姫にだって辛いだろう。何とかならないのだろうか。

 

食欲はある。だが、体調は辛そうだ。滑皮さんは生きたいみたいだが、見ている方はしんどい。
f:id:gesunekochang:20180918073353j:image

 

こんな感じでうずくまっている。姫も心配で側にいる。どうすれば幸せになるのかが分からない。

 

旦那が帰ってきてから、旦那と会話する位滑皮さんは調子が良くなった。やはり気持ちの部分も大きいのだろう。心と体は繋がっているのだな、と改めて思った。

 

ペットショップのショーケースからひたすら旦那を見つめていた滑皮さん。その視線に負けてなけなしのお金を払って滑皮さんを連れてきた。滑皮さんは本当に旦那が大好きなのだろう。滑皮さんと高田と姫は唯一無二。どんな猫さんを連れてきても、滑皮さんは滑川さん。彼はたくさんの思い出を作ってくれた。だからこそ助けたい。

 

多発性骨髄腫は完治せず、寛解になるが、もし無理でも苦痛が少ない方法で余生を過ごさせてあげたい。

闘病日記~昨日の体調~

昨日はかなり不安定だった。

 

朝起きてから猫さんの滑皮さんの様子を見ていたが、右前足を庇う様に座っていた。恐らく病巣はそこだとは思うものの、歩きにくそうにしていた。ご飯はよく食べる。恐らくこれはステロイド剤の副作用だろう。食欲が

無くなったら終わりだ。何としてでも食べさせよう。猫さんの姫は食べ過ぎで太っているので、もう少し痩せさせよう。だが、お腹が空いてイライラして滑皮さんに当たり散らすのはよろしくない。

 

その後も滑皮さんを見ていたが、元気に歩いたかと思いきやまた足を庇っていた。この様子を見るのが辛い。体が痛いのか、目を開けて寝ていた。また、呼吸が荒かった。

 

昨日1日滑皮さんの様子を見ていたが、どんどん具合が悪くなっていく。抗がん剤の副作用もあるだろうが、どんどん具合が悪くなっていく彼を見るのは辛い。

 

辛くて横になっていたら、姫が私の元に駆け寄って来た。そして腕をずっと舐めていた。本当に姫には申し訳ないことをした。もう少し姫を可愛がってあげないとダメだな、と思った。ダメな飼い主でごめんね。

 

多発性骨髄腫という辛い病気になってから、滑皮さんは必死に頑張っていた。症状が辛い時でも、私の心配をして駆け寄ってくれた。常に辛い時は一緒。楽しい時も一緒。今度は私が支える番だ。だからこそ、狂っている暇は無い。頑張って滑皮さんのQOLを上げて行こう。滑皮さんの相棒の高田に出来なかったことを、滑皮さんや姫にやっていこう。それが高田への弔いならば、頑張ろう。

 

滑皮さんが心配で、冷静でいられなくなってしまう。判断を間違えば、彼は死んでしまう。獣医師も彼はを治す為に頑張っている。私が潰れてどうするんだと思った。

 

旦那が帰ってきたら、滑皮さんは大好きな旦那に目一杯甘えた。後は彼が安らかに過ごせる様に環境を整えよう。

 

いつか来るであろう別れも覚悟しつつ、滑皮さんと姫を幸せにしていこう。