統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

体と心が痛くて重い

月経が来て、体も心もボロボロだ。ここに旦那の小姑ばりの小言が入ってきて、更にしんどい。

 

家のなかの何処でも監視をされている気がしてしんどい。よく考えれば私は旦那が至らなかった所は無言で処理をしているのに、旦那は言いたい放題。重箱の隅をつつかれないようにミスを無くそうと頑張るも、萎縮してしまってよりミスを増やしている。

 

このまま旦那が変わらなければ、老後に一緒にいるのは難しい。自分が、自分が、娘がばかりで、私のことを一切考えていない。そして他の女は褒めるのに、私にはダメ出しばかり。正直我慢の限界だったので、少しだけ自分の胸のうちを話した。自分でもヤバいと思っていたみたいだが、はっきり言って旦那が想像している以上に私の心はボロボロでこれ以上の無理は出来ない。

 

結局私はモラハラからは逃れられないのだろうか。

愚痴。

娘の夜泣きの対応で寝不足かつ、旦那の理想論からの説教やこちらが何を言っても疑問と言うなの批判や脅しばかりで疲れた。子育てに疲れたというよりも、旦那の対応に疲れた。向こうも同じだと思うが、騙された。

 

こちらが休もうにも、旦那が話しかけて来るから休めない。果ては休んでいるときに、あれやってこれやって、と指示を出してくる事が多々ある。自分が仕事中に同じことをされたらどうなるのかという想像力に欠けている。そして何故私は旦那の仕事には口出ししないのに、旦那は偉そうにこちらの家事や育児に口出ししまくるのかが分からない。そして私からの注意は、「あー、大丈夫」と言って聞く耳を持たない。案の定やらかしても、注意を受けていないと言い張る。いい加減疲れた。

 

いかにして「夫源病」になるかが分かった。このままでは心身が蝕まれる。かといって離婚は得策ではないし、帰る実家も無い。どうしたら良いか悩む。

二人目は…。

家計簿をつけて家計を見直したが、とてもではないが二人目を育てられるだけの収入が無いので、しばらくは妊活を止めることにした。

 

能天気な旦那に腹が立った。こちらが現実を突き付けても質問を質問で返して来たり、「何とかなるさ」と楽観視して的外れなクソバイスをしやがる。そもそも今まで話を切り出せなかったのは、旦那が上から目線で「うん、良いんじゃないのかな?」と意見を聞いているのに頓珍漢な答えをしたり、私の話を聞かずに決め付けでキツい口調で全否定するからだ。現実を突き付けられても尚もちゃらんぽらんな発言ばかりするので、私のことを「要介護者」と暴言を吐いたが、そういうお前は「被補助人」じゃね?とこちらから暴言を吐きたくなるが、同レベルになるのはよろしくないので黙っておいた。

 

お互い…特に旦那がなあなあにする癖があるので、そこをしっかりと絞めていかないとダメだ。だらしないが為に取りっぱぐれたお金が山ほどあるので、いい加減にした方が良い。ましてや私は裕福な実家と絶縁しているので、お金に全く余裕が無い。なのになあなあにしたが為に貰えるお金…それも大金を貰いはぐれることが多々あったのが悔しい。そしてこれは旦那のなあなあな発言に従った結果というのが多すぎる。

 

銀行の手数料すら無駄に払っているので、もうこういうことは出来ない。気を引き締めて頑張るしかない。

 

私がドクターストップで働けないのが、相当痛い。かなり家計が重症なので、キリキリでも頑張って節約するしかない。とりあえずはストレスを溜めない様にしなければな、と思った。

頑張って節約しよう

最近は金遣いが荒くなってきていて危ない。かろうじて貯金は出来ているものの、娘が産まれてからはお財布の紐が弛んで来ている。家計簿もあまりつけられていない為、今現在の家計に合計いくらの貯金があるのか分からない。

 

近いうちに家計簿をつけて、貯金額を出して口座に入れよう。その上で、予算を見直して貯金額を増やしていこう。

 

支出と脂肪をダイエットし、筋肉と貯金額を増やしてヘルシー家計にしよう。お金が無いと精神が荒むので、軌道修正をしてしっかりと貯金をして、学費と老後資金を貯めよう。

 

今の私は、三流ファイナンシャルプランナー技能士(笑)だ。しっかり自分の家計を見直して、三級ファイナンシャルプランニング技能士に戻ろう。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は病院に行ったついでに遊んでいた。

 

朝起きて、ミルクを飲んでうっとりしている娘を寝かし付けてからシャワーを浴びて、休みの旦那に娘を預けて出かけた。

 

病院に着いて少ししてから、診察が始まった。診察では、眠気でイライラしていることを話した。また、考えがまとまらないことも話した。すると、ルーランを減らせば少し良くなる可能性があると共に、睡眠薬ブロチゾラムに戻して様子を見て、眠気が残るか見てみることにした。

 

薬は…。

 

ロナセン4㎎×4 就寝前

ブロチゾラム0.25㎎ 就寝前

ペロスピロン塩酸塩4㎎×0.5 夕食後

加味逍遥散 毎食

防風通聖散 毎食

酸化マグネシウム200㎎ 毎食後

ジアゼパム 頓服

 

薬を受け取ってから、札幌ステラプレイスでパスタを食べた。かなり久々にステラプレイスに来たが、お洒落なものがたくさんある。レストラン街もお洒落で、何故か嬉しくなった。久々にコースになっているイタリアンを食べた。

 

お昼ごはんを食べてから、GAPのベビー服を見た。割合シンプルめな物が多いが、悪くなかった。値段もお財布に優しくて良い。セールの時に来てみようと思った。大人の方も見たが、機能的で悪くない。しかも安い。お正月明けには服をたくさん買いに来ようと思った。

 

ステラプレイスを出てからは、ヨドバシカメラにハンドブレンダーを見に行った。たくさん種類があって迷ってしまう。コードレスの物が無く、全てコンセント式だった。とりあえずはパンフレットを貰った。そして、念のために冷蔵庫も見た。欲しい冷蔵庫はどれも、一番上の段に手が届かない。チビ泣かせなものばかりだったが、電気代的にも、冷凍室的にも、最新機種が良いのかと思ってしまった。何とか自分のお小遣いと投資で稼いだお金で買えれば良いな、と思った。

 

ヨドバシカメラで家電を見てから、大丸で子供服を見た。女の子用の服も可愛いが、最近は男の子用の服も可愛いのが多いな、と改めて思った。今の時代は男の子もかなり自由にファッションを楽しめるな、と感心した。そしてメゾピアノの服が相変わらず可愛い。アナスイの服も良い感じだった。

 

大丸の次は、東急の子供服売場を見た。東急はゆったりと買い物出来そうな感じで気に入った。おもちゃも同じフロアに売っていたが、「はじめてのプリンセスセット」という、ドレスとティアラとネックレスのセットが売っていて、娘にいずれはこういったものをねだられるのではないかと覚悟した。木製のおもちゃも良い感じだった。どの服も可愛くてつい妄想がはかどってしまった。娘は色白なので、ピンクやラベンダー色が似合うだろうし、ボルドー色も似合うだろうな、と妄想すると萌えた。

 

一通り妄想をしたところで、喫茶店でレモネードを飲んでからJRに向かった。ふと北大通りを真っ直ぐ行って、かつて住んでいた北24条まで行ってみたくなったし、猫さんの滑皮さんと高田との思い出に浸りたくなったが体力がしんどかったので、新札幌に帰ることにした。

 

新札幌に戻って来てからは、まずはアカチャンホンポで娘の服と、離乳食のレトルトを買った。次に、イオンに行って私の下着を買った。いかんせん私のパンツには、セクシーどころかみすぼらしい穴が空いているので、いい加減に新品に買い換えようと思ってパンツをたくさん買った。靴下も見たが、かなり可愛くて機能的な靴下がたくさんあった。服も安くて可愛いものがたくさんあるので、いい加減冬になったら買い換えようと思った。何せ服は下手をすると20年程着ているものもある。一枚の服を最低五年は着ているので、あまり服を買わない。いい加減汚いので、そのうち買い換えよう。

 

イオンを出てから、PRONTOで少し休んだ後でドラッグストアに寄って必需品を買ってから帰宅。かなり大荷物になってしまったが、何故か息が上がっていない。体力が少し戻ったみたいだった。

 

帰宅後に娘と再会したが、やはり可愛いしトリッピーだ。鳥に似ている。そして猫さんたちが荒ぶっていた。

 

★★★

旦那がサウナにハマった為、サウナイキタイを夫婦で揃って見ているが、レビューがポエムだらけでいまいち伝わらないことが話題になっている。食べログの小生もそうだが、あの人たちは物を紹介したくてレビューを書いている訳ではなく、サウナや飲食店を利用している自分がいかに魅力的かを語りたい人達なのだな、と思うと、何故かザワザワする。

 

酷いものになると、その物のことは一行位しか触れていないのに、自分や自分を取り巻く人々が織り成すポエムを延々と垂れ流すものもある。正直、自分のブログかInstagramでやれよと思ってしまう。ああいう情報サイトにポエムを載せられると、知りたいことが知れなくて余計な気持ち悪いポエムばかりが頭にまとわりついて、そのお店の評価が落ちてしまう。

 

だが、何故だろう。気持ち悪いと言いつつも、何故かハマって読んでしまう私がいる。臭いと言いつつ猫さんのお尻の匂いを自ら嗅いでしまうように、つい「食べログ文学」を気持ち悪いと言いつつ、その気持ち悪さがクセになって読んでしまう。そして読むと止まらなくなり、いつしか取り込まれてしまう。なんとも言えない魅力がある。

 

私は自分のことが嫌いなせいなのか、ナルシストが気持ち悪いと思ってしまう。だが、気持ち悪いと言いつつ、ナルシストな人間が気になってしまう。ブログに関しては、自分が好きなブログを読みに行っているので気持ち悪いと感じることはないが、食べログ文学は謎の中毒性がある。

 

これは恋なのだろうか。