統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

気付いたら、意識が低くなっていた

昨日の昼間に、酔っ払いながら昔のブログを読み返したが、かなり意識が高くて辟易した。それと同時に、「こいつが横に居ると、息が詰まる」と思うレベルの嫌悪感を自分に感じた。

 

意識高い系は勿論論外だが、頭の弱い意識が高い人が苦手になった。自分だけが意識が高いのだったら良いが、意識の高さやクオリティの高さを押し付けられるとしんどいし、内心「お前だけにしとけや、馬鹿野郎。正直めんどくさい」と悪態を付いている。そして、押し付けなくても意識が高い人に遭遇すると、「えっ、これは私にも意識の高さを持てと?何かごめんなさい。生きててすいません」と思ってしまって、萎縮してしまう。

 

恐らく私の自己肯定感や自尊心が限りなく低いからそう思うのだろうが、意識の高い人とリアルで会うと、手を抜いてはいけない気がして落ち込むと共に、適当に物事を進めて、こんなクオリティでごめんなさいと思ってしまう。自分の心が持たないので、メンタルが弱っている時はそういう人と会うことは避けてしまう。手抜き上等、結果さえ出していれば良いんじゃない?という適当さが無ければ、たちまちミスが増えてその人にストレスを与えかねないので、遠慮したい所ではある。

 

仕事をする上では、真面目で意識が高い人よりは、ギャル上がりのチャラい上司の方がやりやすい私がいる。事実、テレアポの仕事をしていた時に、チャラい上司が横に居るときは謎の安心感があって、成績がかなり上がった。何処かに遊びが無ければ、息が詰まってしまう性質なのだろう。そもそも私自身がチャラいので、カチカチに真面目なのは性に合わない。そこに意識の高さが加わり、やれプロ意識がだの、カスタマーサティスファクションがだの、顧客満足度だの(同じ意味で失礼します)、成長だのとほざかれると、一発どついたろか?と思うレベルでうっとおしい。

 

適当で良いじゃない。全てに全力投球で、全てに向上心を持つことなんか出来ないし、お給料やそれに準するものが貰えない部分にプロ意識なんか持てない。そんなことをやっていたら、燃え尽きて何も出来なくなって廃人になる。程々で良い加減に何事もやりたい。とりあえずは、意識他界系ですいません。

久々に素晴らしいものを見た

昨日、初めて一人で肉汁がたくさん出る餃子を作った。今までは料理が下手な母親の監修の元であまり美味しくない餃子を作っていたが、全て自己責任で最初から最後まで作ったのは初めてだ。初めての料理はレシピを参考に作るが、参考にしたレシピがとても良いもので感心した。

 

大学で料理の勉強をした為、レシピや使う材料の分量を見ただけでだいたいの味が想像出来るが、今回参考にしたレシピは何故そうなるのかということがとても分かりやすく、料理初心者の「何故?」にきちんと答えられている素晴らしいものだった。そして案の定レシピ通りに作った餃子は美味しかった。久々に頭の良い人の書いた物に触れた気がして安心した。

 

たまに趣味兼大学の時の知識を磨く為にクックパッドを見ているが、良いレシピを見ると感激する。良いレシピとは、調味料の分量を「適量」という言葉で誤魔化さず、グラム数なり大さじ小さじで表記してあり、調理工程で何故この様なことをするのかという説明が分かりやすく第三者目線で書いてあるものが好ましいと私は思う。自分の料理上手を自慢したいが為の、自己顕示欲満載な伝わらないレシピは、正直に言ってレシピとして成り立っておらず、参考にする価値は無い。なるべく初心者の目線に立って、手取り足取り教えてくれるレシピは、勉強になるし作っていて失敗があまりない。読み手のことを考えて、気遣いがしっかりと出来ているものは、失敗が少なくて応用力も付いて嬉しいことだらけである。

 

どんなことにも思いやりが必要だと改めて思った。独りよがりの、私が私が!という自己主張だけでは、伝わるものも伝わないな、と反省した。また、自分も初めから料理や勉強等が出来た訳ではなく、初心者だった時期があったな、と再確認した。本当に良い刺激だった。周りを馬鹿にする前に、己の傲慢さを省みた方が良いな、と反省すると共に、忘れていたものを思い出してはっとした。このレシピの製作者に最大限の感謝をしたい。尚、何処のレシピかは、かなりの機械音痴な為リンクが貼れないが、「ミシュランの味!肉汁餃子!!」的なことが書いてある、分子調理学研究者の方のレシピだ。最後に不親切で申し訳ない。

いよいよイライラがピークに達してきた

前々からそうだし、何度も指摘したし、本人も分かっているみたいだが、旦那のコミュ障がヤバい。統合失調症の私よりもヤバいレベルで、何を言っているのかがさっぱり分からない。

 

頭で思い付いたことをポンポンと話すので話がとっ散らかっているし、脈略が無いことを突然言い始めて何の話なのかさっぱり分からなくなるし、読書が趣味の割には語彙が無く、適切な言葉が選べないので暴言になりやすく、自分の頭の中で話が完結してしまっているので主語が無かったり、結論ありきで話すので相談が相談にならない。まるで頭の悪い馬鹿女と話している錯覚に陥るし、混乱して自分の知識や話し方等、インテリジェンスの部分に自信が無くなる。

 

正直、旦那はよく社会人生活が成り立っているなと思うレベルでヤバい。ヤバいという自覚がある分マシとはいえ、これはしんどい。私も人のことが言えないし、ただでさえ頭が悪いのを病気がより頭の悪さにブーストをかけた、バイキルトのかかったスーパー馬鹿である自覚はあるものの、旦那は更にヤバい。

 

馬鹿が難しい単語を意気揚々と使っても、難しい単語で理論武装ごっこをした馬鹿だ。どんなに賢いフリをしても、底の浅さがバレて見ているのも恥ずかしいレベルで、どう足掻いても馬鹿以外の何者でもない。

 

リアルの私の周りはやたらと馬鹿が多いが、進学先を北大か帯広畜産大学にしておけばまだまともだったのだろうか。行けたのに、毒親(こいつも傲慢で鼻持ちならない馬鹿)の妨害に負けたことが悔やまれる。本当に馬鹿は他人に苦労をさせるな、と改めて思った。

 

自分も超馬鹿なので、せめて周りに迷惑をかけない様にしよう。

二言闘病日記~昨日の体調~

気絶したかの様に、寝ている時に意識が無くなっていたが、よく寝れたのかすっきりと家事と育児が出来た。

 

娘は和光堂のココアパンにバナナとヨーグルトをかけたものが気に入ったらしく、無くなったら泣いてキレていた。