統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は出掛けていた。

 

朝起きてから少しして勉強をした。音読をしながら頭に詰めているのだが、読みが分からなくて詰まった。専門用語が読みにくいのか、私の頭が悪いのかは分からないが、とりあえず読めなかったので調べた。

 

お昼頃に旦那と一緒に、私が物心ついた頃から食べていたレストランへ行った。お店は昔から何処も変わっていない。小さい頃に来たときのままだ。とても懐かしくなった。メニューを見たが、どれも懐かしい。とりあえず小さい頃によく食べたハンバーグを注文した。

 

ハンバーグが来てから食べたが、相変わらず美味しかった。三十年間変わらない味だ。物凄くノスタルジックな気分になった。にんじんのグラッセもあまり味が変わらない。ここのお店には祖父母に連れられてよく来たが、祖父母の顔が散らついた。

 

帰りにイオンに寄ったが、やはりスーパーは飲み物が安い。少し中を見て回ったが、ここも随分変わったな、と思った。

 

帰ってきて少ししてから予習・復習をした。覚えにくかったが、何とか頭に入れた。少しずつ認知機能が弱って来ている。これはシクレストを抜いた効果なのだろうか。ただ過剰な集中力は無くなって楽になった。

 

シクレストはやはり合わなかった。これからはロナセンをメインに治療していくだろう。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は寝不足で体調があまり良くなかった。

 

朝起きて少ししてから勉強をした。遺産相続に関する不動産の計算がわけわかめ。よく分からずに電卓を叩いていた。もうこれは慣れるしかない。ただひたすら電卓を叩いて覚えた。

 

勉強が終わり、少ししてからシャワーに入った。しばらく入ってなかったので、頭が痒い。念入りにシャワーで洗った。この病気になると、お風呂に入れない。常にギトギトになってしまう。もしかしたらシャワーやお風呂に入る時に念入りに入りすぎてしばらく入れないのかもしれないが、どうしたら毎日入れるのだろうと思った。

 

その後は疲れて動けなかった。シクレスト服用で溜まりに溜まった便秘が苦しく、また寝不足で動けなかった。何回か目を閉じて休んだが、まだ疲れが抜けない。

 

何とか気力を振り絞って掃除をした。昨日はめちゃくちゃ動けた。シャワーに入ると動けるのか?

 

掃除が終わってから、ずっと休んでいた。こたつに入るとなかなか動けない。これはこたつのせいなのだろうか。それとも疲れなのだろうか。

 

昨日はぐでんぐでんに疲れていたし、寒気がした。風邪かと思うが、外に出ないのに風邪を引くものなのだろうか。とりあえず今日はある程度休もう。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は病院だった。

 

朝起きて少ししてから準備をして出掛けた。

 

病院に着くとすぐに診察が始まった。ここ最近はかなり体調が悪かったことを伝えた。あまりブログでは書かなかったが希死念慮に取り付かれており、物凄く危ない状況だった。後少し酷かったら自殺をするところだった。それを伝えたら、もしかしたらシクレストが原因の可能性があるので、シクレストを止めようという結果になった。また減らしていたロナセンを元に戻そうという話になった。

 

薬は…。

 

ロナセン4㎎×5 夕食後

加味逍遙散 毎食

抑肝散加陳皮半夏 毎食

ブロチゾラム0.25㎎ 就寝前

ラミクタール100㎎ 朝・夕食後

ルーラン4㎎×2 朝・夕食後

酸化マグネシウム250㎎×2 毎食後

コロネル500㎎ 毎食後

 

しばらく便秘気味で食べていなくても体重が増えていたので、シクレストを無くして元に戻ればいいな、と思った。

 

病院が終わり、薬を受け取ってから街を見て歩いた。お昼ご飯を食べようとしたが、デパートの上は高かったので、その辺のそば屋に入った。ここのそばは前に食べたが、安くて美味しい。鴨そばを食べた。

 

少しぶらっとしてから地元の駅に帰った。地元に来ると何故かほっとする。人が多いと疲れるみたいだ。実際街にはそんなに滞在していない。ただ少しずつ街に慣れていった方が良い。働く様になったら、人に慣れるしかない。

 

地元の駅のPRONTOでコーヒーを飲みながら小説を読んだり一問一答をしたりした。一問一答はかなり正解出来ているが、まだまだやりようがある。まだまだ頑張っていこう。

 

帰ってきて少ししてから予習・復習をした。一昨日具合が悪くて予習・復習が出来なかったので、昨日まとめてやった。かなり集中してやっていたが、まだまだイケる。ここでやり過ぎると息切れを起こす為、セーブしておいた。

 

シクレストを無くした今、寝不足ではあるが気持ちが晴れやかだ。まだ一日しか経っていないが、もう少し様子を見てみよう。

戸梶圭太著「血祭り」を読んだ

某巨大掲示板の某人格障害被害者スレで紹介されていた、戸梶圭太著「血祭り」を読んだ。面白くてついサクサクと読んでしまった。

 

 

 

 

以下、ネタバレを含みます。

 

 

 

 

戸梶圭太氏と言えば人格障害ボコボコのイメージがある。私はクラスターB群の人格障害に散々やられた挙げ句に人生をボコボコにされたので、かなりスカっとした。

 

続編に期待しているので1つ難点を上げれば、もう少しどうヒロイン(?)の人格障害がおかしいのかを掘り下げて欲しかった気もする。わざとなのかもしれないが、この辺の描写がもう少し深かったら、かなり主人公に感情移入出来たかもしれない。本が分厚くても読むので、もう少し掘り下げて欲しい気もする。

 

そんな難点も吹き飛ばしてしまう程の迫力のある内容だった。特にスノーモービルのアクションが迫力満点だった。ハイテンションな登場人物がスノーモービルで駆け回るアクションシーンは、とても読みごたえがあった。

 

また怒りに支配された人物の心理描写が繊細で、人格障害に対する怒りの感情がとてもよく描かれている。私も実に様々な人格障害にやられて怒りに駆られたが、正にこの登場人物の心境だった。何がなんでもすがってしまう心境こそ、正に人格障害にやられた後だ。この辺が特に感情移入してしまった。

 

そしてブログでのメッセージ交換の描写も上手かった。読んでいるこちらが沸き立ってしまう。ここのシーンではかなり主人公(?)に感情移入してしまった。悔しい気持ちと復讐してやりたい気持ちの交差が上手く書かれている。そこからの盛り上げ方もかなり上手かった。

 

戸梶圭太氏の小説にはたくさんの人格障害が出てくるが、どれもろくな目に遭わないのがミソなのだろうか。被害に遭った人間としてはかなりスッとする。むしろどんどんやれ、とすら思ってしまう。これからも戸梶圭太氏には期待したい。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は変な1日だった。

 

朝起きて少ししてから勉強をした。遺産の算出税額の計算を勉強したが、本気でわけわかめ。三級の時からこの計算を頑張って覚えてきたが、いまいちよく分からない。無理矢理頭に詰め込んだものの、かなり訳が分からなくなっている。とりあえず配偶者は法定相続分を越えても1億6000万円までは相続税がかからないところまでは理解出来た。しかし相続税は高い。ある程度高額にならなければかからないというのがアレかもしれない。

 

勉強して少ししてから、旦那と一緒にショッピングモールにご飯を食べに行った。色々回ったが、結局ラーメンを食べた。かなり味が濃いラーメンだった。

 

ご飯を食べてから本屋に行った。

 

旦那とは別行動で色々なコーナーを見て回ったが、「精神世界」コーナーで怪しい人を見た。スピリチュアルおばさんだ。肥えた体型で、長いひっつめ髪に謎のモコモコの上着、そしてロングスカート。これはスピリチュアルおばさんの制服なのだろうか。私も何人かスピリチュアルおばさんを見たが、揃いも揃って同じ服装だった。関わるとろくなことにならない為、そのコーナーを避けた。

 

しばらく見ていると、雑誌コーナーで怪しい陰キャみたいなおじさんが立っていた。あまりにも怪しいので見ていたが、突然ガラケーを取り出してちょい悪オヤジ雑誌のページの画像を撮り出した。万引きだ。私が注意してもナメられて怒鳴られるのが目に見えているので、店員さんを探したが見当たらなかった。その間に万引きオヤジは何処かに居なくなってしまった。田舎の本屋にはそんな人は居なかったが、都会の本屋にはいた。都会は怖い。

 

旦那を待つ為に喫茶店の喫煙室で読書をしていた。小説がかなり面白かったので、ついハマって見てしまった。旦那も途中から来たが、二人で読書をしていた。途中で喫煙室に女が入ってきたが、ドアを開けっ放しだったので、旦那が「閉めろよ」と呟きながら閉めた。そしてその開けっ放し女が昨日の記事に書いた頭おかしい奴だ。病院以外でサイコを見ると、どっと疲れる。思いっきりマウンティングしておいたが、久々にクソ女をボコボコにする目的でするマウンティングは気持ちいいと思った。いっそのこと格の違いを誇示する為に、投資や税金のお話をしてあげれば良かったかな、と少し後悔した。

 

帰ってきてから、マウンティングの楽しさで興奮した神経を抑えて、予習・復習をした。興奮しながらでも勉強は出来るんだな、と思った。しかもかなり効率が良い。今度から少しテンションを上げてやるのも良いかもしれない。

 

何だろう、昨日は変な人に出くわす1日だった。変な人に会うと疲れる。だが、面白い。このまま面白い人に出会したい。

何か頭おかしい奴に絡まれた

旦那と隔離された喫煙室でタバコを吸いながら(ちなみに私は路上喫煙はしないし、家の換気扇の下と所定の喫煙所で無ければ吸わない。むしろ路上喫煙してる奴には、そういう奴等のせいで喫煙者が肩身が狭くなると腹が立つ。吸うからにはマナーを守れよ、とイライラする。)読書をしていたら、何やら様子のおかしい奴に絡まれた。

 

旦那いわくそいつが入ってきた時から、ずっとこちらをチラチラ見ていたみたいだが、私は読書に夢中になっていたので気づかなかった。読書がキリが良かったので少し休憩していると…。

 

「変わったタバコ吸われますけど、何のタバコですか?」

 

横に座っていた女が、旦那に向かって話しかけてきた。普通は男女二人組ならば、男性だけには話しかけないはずである。よく見てみると、頭がプリンで、時代遅れの黒い囲み目アイライン(粘膜まで塗っていない)で、痩せ細った女だ。田舎の精神科でこういう奴をよく見たが、もれなく頭がおかしい。これは夢野久作が言うところの「アン○ンタンボカン」だ。

 

旦那は辺り触りなく話していたが、私は嫌な予感がしたので、睨み付けた上で目が合ったら微笑んだが、目が完全に笑っていなかった。こいつはまともな神経をしていない。わざとらしい「ふふっ」という笑い声を出して威嚇した。

 

旦那の吸っているタバコはアイシーングラシア。決して珍しいタバコではない。そいつが吸っていたのはウィンストン。私や旦那が吸っているタバコよりも珍しい。何を言っているんだ、こいつは。

 

私のメイク後の睨み付けは、SMの女王様並に怖い、というよりそのものである。すっぴんはくどい様だが、TM西川だ。今にも鞭を振ってきそうな雰囲気にそのアン○ンタンボカンはビビっていたが、ビビる位なら初めから話しかけるなよ、と思った。そりゃそうだ、そのアン○ンタンボカンよりも下手をするとヤバイ病気で尚且つ、まかりなりにも統合失調症精神障害者の私だ。そりゃ怖いに違いない。

 

その後、その時読んでいた小説が戸梶圭太氏の「血祭り」だったので、人格障害がいかに害悪かを聞こえるか聞こえないか位の声の大きさで語ってあげた。何というタイミングの良さ。このタイミングは神掛かっていた。またこの小説での人格障害の扱いについても語ったので、さぞかし怖かっただろう。要はマウンティングである。

 

かなりマウンティングしたが、私は後悔していない。女はマウンティングしてなんぼ。アン○ンタンボカンには攻撃性を見せ付けて、本物のキ○ガイの恐怖を植え付けて変な真似をさせない様に牽制するのが、マナー(?)である。どんどんキ印を怖がれ!お前の横に座ってるのは、マジのキ○ガイだぞ!!お前にトラウマ植え付けてやらぁ!!!

 

別に嫉妬なんぞはしていないが、そいつがいけすかないだけでマウンティングしてしまった。だが、これはマウンティングしなければならない場所である。むしろ楽しんでマウンティングしてしまった。こうなったらもはや私は狂犬だ。けちょんけちょんになるまでやってしまう。もし相手が暴れたら、護身用のスタンガンをぶっ放すつもりだったし、現に密かに手に持っていた。もうここまでこれば、養豚場の飼い主の気分だ。

 

結局スタンガンを使うまでもなく喫煙室を出てきたが、久々に病院以外でアン○ンタンボカンを見た。ああいう奴のせいで精神障害者への偏見が強まるから、むかっ腹が立ったので思いっきりマウンティングしておいた。私の中でのマウンティングモンスターが荒れ狂ったが、何故かすっきりした。これには戸梶圭太氏に感謝しよう。私もスタンガン携帯の時点でまともではない(今まで住んでいたところが尽く治安が悪かったし、現に痴漢にあったり、ストーカーに遭って犯人が逮捕される事態に発展した)が、他人の男にちょっかいをかける悪い虫を追い払うのにマウンティングは有効だと思い知った。

 

コールセンターで働いている時から思っていたが、春と秋には変な奴がたくさん出てくる。カメムシか!嫌なものを撒き散らす時点でカメムシと同様である。カメムシジェットならぬ馬鹿女ジェットを吹き掛ける私は、害虫駆除の業者の気分だ。

 

意味の分からないことを散々書いたが、要は…。

 

 

クソ女をボコボコにする為のマウンティングたのしー!ただし、返り討ちに遭っても、ドMの私としては美味しいのです。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は一日中家に居た。

 

朝起きて少ししてから勉強をした。いつも音読をして頭に入れているが、昨日は何故か読みが気になって調べながら勉強をしていた。ここで調べておけば実務でも困らない。ただ内容が入っているかと言えばあまり入っていなかった。三周目を以降はしっかり頭に入れていきたい。

 

勉強して少ししてから掃除をした。かなり細かく掃除をしたところ、あまり埃が取れなかった。金運の験担ぎの為にトイレを綺麗に掃除したが、トイレはしばらく掃除をしていなかったので汚かった。どうりで無駄遣いが多い訳だ。本来ならば金のう○こを置いた方が良いのかもしれないが、それを買うお金が勿体無いので失念。

 

掃除の後はひたすらゴロゴロしながらネットをしたり小説を読んだりしていた。たまには小説をがっつり読むのも良い。面白い小説があればどんどん読んでいこう。

 

夕方頃、予習・復習をしていたら旦那が帰ってきた。手にはお土産があった。私の大好きなお菓子だった。とても嬉しい。ありがとう、旦那。これでしばらくは元気が出る。

 

昨日1日でかなりリフレッシュが出来た。今日も頑張ろう。