読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症患者のつぶやき~ゲスでいいじゃない~

統合失調症を治療中の患者が闘病日記+ゲスなつぶやきを呟くブログ。ゲス注意。女・既婚者です。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は最近とは打って変わって、物凄くポジティブだった。

 

旦那が休みだったが、物凄く疲れていそうだったので寝かせておいた。途中で起きてきたが、どうやら「証人喚問」が見たかったらしい。私も見ていたが、なかなか面白かった。人が自分のついた嘘で追い詰められていくのは、微妙に面白い。特に公明党の女性議員の追い詰め方が爽快だった。なるほど、嘘つきはそうやって攻めるのかとかなり参考になった。

 

お昼ご飯を食べてからネットをしていたが、「私はこのままでいいのか」という考えが浮かんできた。淡々と家事をしてブログを書いたり見たりし、ネットばかりしていていいのか。毎日が同じことの繰り返しで、ますますダメ人間になってしまう気がした。そして暇だからこそ要らぬ考えに支配されてしまうのではないか。その様な考えに至った。

 

ダイエットをやり始めの頃は、とにかく目の前の小さな目標、遠くにある大きな目標に向かって一生懸命で、余計なことを考えている暇は無かった。そしていきなり無理な計画を立てれば、リバウンドして余計に太ると経験則上分かるので、リハビリのダイエットプログラムの力を借りつつ、内科の力を借りつつ、ダイエット仲間と励ましたり叱り合ったりしつつもゆっくりと目標を達成した。その結果、痩せるメカニズムが掴めたので、キープが習慣となっている。

 

ならば朝に時間を決めて資格の勉強をして、勉強を習慣化してしまえばいいのではないかと思った。ダイエットと同じで、勉強も無理にやると3日坊主になってしまうので、時間を決めてやれることをやっていこう。そして時間が限られているからこそ、効率的に勉強が出来る。時間を有効活用すれば、要らぬことを考えないだろう。

 

朝にブログを読んだり書いたりする習慣があるなら、そこに勉強時間を組み込んでも問題無いだろう。

 

まずは比較的取りやすいと思われる、ファイナンシャルプランナー三級を取ってみようか。もし勉強習慣がついて集中力が続くならば、管理栄養士国家試験に挑戦して資格を取れば、鬼に金棒だろう。お金と直結するかは分からないが、やってみる価値はありそうだ。管理栄養士の資格を取れば、食いっぱぐれることは無いだろうし、今から頑張っても遅くない。

 

格言や某巨大掲示板での叱咤激励を見て、自分を奮い起こした。こうやって叱ったり褒めたりしてくれる人がいるだけで、やる気が出る。私もこの人たちに続こう。

 

何故か昨日は奮い起こされた1日だった。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は体調が物凄く変動する1日だった。

 

朝起きてからは快調だった。気分よくブログを書いたり読んだりしていた。

 

だが、午後になって、何故か不安定になった。私は生きている価値があるのだろうか。私の人生は何だったのだろうか。希死念慮が止まらない。昔の様にアームカットしてしまえば楽になれるのだろうか。打ち消しつつ、頭をクリアにする為に瞑想をする。すると少し楽になった。

 

だが、もう誰も信用出来ないという気持ちが沸き上がってきた。一体誰を信頼したら良いのだろうか。いつも私は頼られているが、人を頼るのが苦手だ。頼ってもかつては誰も話を聞かないどころか、「お前が悪い」「お前がそんなんだからそういう目に遭うんだ」と傷口に塩を塗られることが多かったので、人が信じられない。この状況が苦しい。

 

とりあえずネットで答えを探すことにした。

 

何が書いてあったのかは忘れてしまったが、かなりすっとした。誰かに同調してもらえるだけで、こんなにすっとするのか。

 

その後はただひたすら偉人の名言を漁っていた。なかなか参考になる。そして案外宗教の経典の教えを紐解いてみたら、なかなかエグい様な気がした。今まではかなりアンチクライシスだったが、その教えの意味をよく考えてみたらなかなかエグかった。少し見直した。

 

旦那が帰って来たが、疲れているのかネガティブモードだった。何でも言うことを否定されると、話す気が無くなる。標準的な男性はこうなのだろうか。そしてこちらが分かっている様なことをどや顔で説教しだす。はっきり言ってイライラする。

 

こうも体調の変化が著しいのは、そろそろホルモンバランスが崩れて来ているのだろうか。PMSなのだろうか。とにかく酷すぎる。ここがどうにかなれば、もう少し楽になれるのに。

 

体調の変化が著しくて、かなり疲れる。早く安定しないかな。心からそう思う。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は途中から不安定になったものの、何とか持ちこたえた。

 

早目に寝たせいか、長く眠れた。よく眠ると、欲の交差がめっきり無くなった。あれは睡眠不足から来るものだったのかと少し納得した。誰でも睡眠不足だとカリカリしやすいとネットで見たが、本当だった。ただし様々な欲が沸き上がって来るため、言うほど食欲には来なかったが。

 

少ししてから朝・昼兼用で冷蔵ピザを食べた。美味しかったが、少し重かった。あまりお腹に物を入れていない状態でのピザは少ししんどい。

 

しばらくして、少し不安定になった。やはり私はサンドバッグから抜け出せないのだろうか。また「お人形さん」から抜け出せないのだろうか。それを思うと悲しくなった。一瞬死が頭を過ったが、必死でかき消した。涙が出そうで出ない。号泣出来たらどんなに楽だったのだろうか。泣くに泣けなかった。

 

このままでは堕ちて行くだけだと思ったので、洗濯・掃除をした。一回目の洗濯の間に掃除を終わらせた。そして二回目の洗濯の時、気分転換にコンビニにタバコを買いに行った。

 

気分転換には甘いものがいい。そう思ってピルクルを買った。

 

家に帰ってきてからピルクルを飲んだら、少し落ち着いた。洗濯物を干してから少し休んだ。

 

夕飯時、また旦那の「~すれば良かったのに」が始まった。どんなに足掻いても過去は変えられない。それに人には人のペースがある。「そんなに間違ったことをしたのかな」と呟くと、「言うほど君のプライベートには興味が無い」と言われた。だが、旦那の発言は私をコントロールしたいかのように聞こえる。「いかんな、他人のことにしゃしゃり出過ぎる」と反省した様だが、私はあまり干渉されたくない部分があるので、少しは直して貰いたい。

 

この旦那の過干渉は多分自分に自信が無いからこそ、自分の正しさを確認したいのだろうが、正論は使い方を間違えると人を傷付ける。そのことに早く気付いて欲しい。

闘病日記~昨日の体調~

昨日はもはや限界ギリギリだった。

 

朝方、猫さん2号に早くに起こされた。物凄く眠いが、寝ても起こされると思って早く起きた。ここ数日寝不足だ。頭がクラクラするが、起きるしかない。私は本来はロングスリーパーなので、6時間睡眠では足りない。

 

その後コーヒーを飲んで目を覚ましたが、やはり眠い。起きてないと猫さんたちがお腹を空かせてしまう。そう思って頑張って起きた。

 

猫さんたちに餌を与えたら、また欲の交差が沸き上がった。いい加減私はおかしいのではないか。これは春だから頭がおかしいのか、元々なのかは分からない。

 

とりあえず「適切な処置」を施したが、なかなか欲が消えない。一体どうしてしまったのだろう。自分の頭に妖精の魔法でもかかったのだろうか。それとも陽性症状なのだろうか。ルーラン減薬が良くなかったのだろうか。

 

そういえばあの外国人の訪問者が来てからおかしくなった。やはり恐怖が根源なのだろうか。

 

このままではいけないと思い、1人カラオケに出掛けた。たくさん歌い、頭を振ったら少しは落ち着いた。デスボイスを出したら、かなりすっきりした。

 

家に帰ると、また欲の交差が駆け巡った。何なんだろう。ラジオから流れる音楽を聞いて落ち着こうとするが、なかなか落ち着かない。またもや欲に「適切な処置」を施した。

 

旦那が帰って来てから、少し口論になってしまった。いつもは「変なこと言ってごめんね」と一歩引いていたが、昨日は引けなかった。それどころか少し怒鳴ってしまった。たまには自己主張してもいいとは思うが、昨日は何かがおかしかった。

 

夕飯を作っていたら、かつてのことがフラッシュバックしてきた。

 

私はかつて色々な人からありとあらゆる形の暴力や暴言を受けて来たが、それに怯えていたのだと分かった。そして私が行っている「適切な処置」とは、暴言・暴力の追体験だった。それらを乗り越えようとしたら、追体験をしてしまう。記憶を塗り替え、乗り越えようとしているのか。ここ数日の奇行は、これだったのか。

 

本当は傷つきたくないし、酷い扱いをされたい訳ではない。誰でもそうだとは思うが、多少は我慢するのが大人だと思う。だが、度が過ぎた人格否定は人から尊厳を奪ってしまう。

 

酷い暴言・暴力を食らっても認知機能が衰えていて抵抗出来ず、ただサンドバッグになるだけだ。こんな状態では良くなるものも良くならない。そしてかつては出来ていた「抵抗」も、今は出来る気がしない。

 

思えばブラック企業で上司という立場を使った過剰なパワハラを受けて以降、自己主張が出来なくなった。そこから何もかもが崩れてしまった気がする。

 

昔から私に対して付けられたあだ名、「お人形さん」。この言葉に反発した結果、太ってしまった。感情が無いと思われていたのか、何をしてもいいと思われていた。自己主張も空しく、常に打ち砕かれていた。だからこそ太って、「お人形さん」扱いから逃れようとしていた。

 

だが、私は人間だ。腕を切れば血が出るし、涙も流れる。感情だってある。だからって好き勝手していい訳ではないが、自分の意思で体型を変えたり、考え方を変えることが出来る。

 

面白いじゃねぇか。誰が「お人形さん」だ?その運命に購ってやるよ。どいつもこいつも人を人形だと思って雑に扱うが、こっちだって感情はある。人に感情的になるなと言っている奴が一番感情的なんだよ。ふざけるな。

 

私は私の人生を生きてやる。誰にも邪魔させねぇよ。と強く誓った。

闘病日記~昨日の体調~

昨日も何故か頭のネジが数本飛んでいた。

 

旦那が休みだったので、遠くまでドライブに行ってきた。だが、途中で欲が交差した為、旦那の話をあまりよく聞けなかった。眠いような、お腹空いたような、ムラムラするような、私のことを知って欲しいような、お洒落したいような、お金が欲しいような…。何かと脳内が忙しかった。

 

目的地まで着いたが、三連休の中日なので混んでて入れなかった。多少の行列ならば並ぶが、20人以上は並んでいた為、断念した。何だかがっくりきた。前々から行きたかった場所だけに、ショックだった。

 

結局車を走らせてあんかけ焼きそばを食べに行った。さっきのショックでかなり欲の交差が押さえられたが、今度は匂いを嗅いだら物凄くお腹が空いた。お腹が鳴ったが、誰も聞いていなくて安堵した。

 

あんかけ焼きそばを待っている時、服がずりずりとずり下がって来た。やはり太っていた時の服は着るべきではなかった。いい加減太っていた時の服を捨てて、新しい服を買った方がいいかもしれない。今度古着屋でも回って服を見に行こうか。それか小物を使って着こなそうか迷う。とりあえずだらしない服装はすべきではないな。

 

ご飯を食べたら気持ちに余裕が出てきた。欲の交差の特効薬としてご飯を食べるというのもいいのだが、やり過ぎると太ってしまう。その辺の兼ね合いが難しい。エビリファイの作用なのか、元から欲深いのかは分からないが、突然何かのスイッチが入ってしまった時の対処を出来る様にしよう。

 

帰って来てから、ネットをしていたら欲が再燃。私は何に怯えているのだろうか。そして何に反発しているのだろうか。それが分からないだけに、余計怖くなった。無理矢理ポジティブに変換しようとするも、雑念が入り上手く切り替えられない。株価や為替を見るも、なかなか切り替わらない。金にしても日曜日の為、金曜日と値段が変わらない。とりあえず「適切な処置」を施したが、一瞬だけ気分が切り替わってもまた元通りだ。

 

やはり春だから頭がおかしくなったのだろうか。それとも春に現れる変人奇人に怯えているのだろうか。今の私では、変人奇人に絡まれても固まって終わってしまうだろう。

 

丁度いいタイミングで旦那がバイオハザード7をやっていたが、ファミパンおじさんを見て爆笑しているうちに欲が消えた。そういえば、旦那が猫さんを追いかけている時の口調が、まんまファミパンおじさんの口調だ。だからツボに入るのかと確信した。

 

恐怖感が消えれば、欲が消える…?カウンセラーの先生の言う通り、恐怖感からの反発の結果、欲が交差するのかと思った。後は恐怖の根源を見つけ、恐怖感を解消して欲を発散させる必要性がある。

 

どうやら私の色々な意味での「異常性癖」は根が深い。もうノーマルには戻れないのだろうか。そもそも「普通」という意味での「ノーマル」がよく分からないが、それに近づくことは出来るのだろうか。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は本当に頭のネジが緩んでいた。

 

朝起きてから、何故かまた欲が交差した。様々な欲が交差し、混乱する。あれもしたい、これもしたい…。したいことがぐちゃぐちゃと混戦する。とりあえず何かを満たせばいいと思い、シャワーに入った。シャワーで念入りに流せば欲も流れると思ったが、お腹が空いた。空腹を誤魔化しながらシャワーを浴びてボディケアをした。

 

シャワーから出て、お米をといだ。だが、食べたいのはこれではない。お金を使いたくないと思ったが、もうダメだ。我慢の限界が来たので、デリバリーピザを頼んだ。

 

ピザを食べ終わってぼーっとしていると、今度は眠くなってきた。布団で1時間程眠ったが、また別の様々な欲が押し寄せて来たので、1つの欲に「適切な処置」を施したが、まだ消えない。

 

ふとカウンセラーの先生が言っていたことを思い出す。

 

欲の交差は恐怖心から来る、と。一体私は何に怯えているのだろうか。件のフレネミーなのか、過去の母親の残像なのか、数々の犯罪被害の爪痕なのか…。正体が分からないだけに、怖い。だが、怖がれば怖がる程、興奮を覚える。見えないものに怯える程、欲が交差する。それが命の危機であれば尚更である。ということは、私は死にそうなのかと勘繰ってしまうが、死にそうではない。何が起きているのだろうか。

 

自分は変態なのだろうか。そのうち変質者として捕まってしまいそうだ。それを考えていたら、お腹が空いてくる。だが、食べたら太ってしまうし、寝るにも目が冴えている。ここで寝たら、夜に寝れなくなる。

 

ふといいタイミングでネットを見ていたら、凄い人を発見した。メシア・俺氏だ。この人は多分筋金入りのナルシストだろう。今まではナルシストは気持ち悪いと思い、そんな人物を見たら鼻持ちなら無い鼻をへし折っていたが、このレベルまで来ると面白い。ここまで突き抜ければ、キャラクターである。

 

私は今まで遭遇したナルシストたちは、中途半端な連中だった。そして自分に自信が無いからこそ外見にすがっている空っぽ人間だった。何故かナルシストに好かれやすい(同類だと思われてる?)が、私は見た目は陽キャだが、中身はバリバリの陰キャであるし、自分の見た目があまり好きではない。おまけにあまり自分が好きではない。ナルシストとは対極の人間である。

 

だがメシア・俺氏を見ていると、「自分が好きで何が悪い!」という考えが浮かんだ。ナルシストとは違う意味で、自分に自信を持つことは悪くないと思えて来た。その瞬間、欲の交差が消えた。何に怯えていたのかは分からないが、メシア・俺氏から勇気を貰った。

 

早速LINEスタンプを買ってしまう位ファンになってしまった。こういう突き抜けた人は爽快だ。私も何かを突き抜けてみよう。

 

不安定だったが、何かに気付いた1日だった。

闘病日記~昨日の体調~

昨日は病院だった。

 

何故かお洒落したい気分だったので、短時間で化粧をした。ささっとした為、あまり綺麗に出来なかった。靴も何年かぶりにヒールが高い靴を履いた。

 

階段を下るのがあまり上手く出来ない上に、走れないのはヒールに慣れていないからなのだろう。少し爪先が痛かった。普段はぺたんこな靴なので、かなりしんどい。

 

病院で診察を待っていたが、目の前にいたサングラスをかけた患者さんに見つめられた。目を合わせてはいけない…。そんな気がしたので、ずっとスマホをいじっていた。しばらくして知的障害者だと思われる人が待合室に来たが、昔知的障害者には散々嫌な目に合わされたので、少し距離を取った。

 

診察では、ルーランを元に戻したことを話したが、戻した状態で様子を見ることにした。また採血の結果が出たが、全て正常値だった。糖尿病の指標である血糖値及びHbA1Cは正常値。肝臓の指標も脂肪肝だったのが良くなったみたいだった。改めて医学的にダイエットの成功の事実を突きつけられて、達成感を感じた。

 

その後カウンセリングをしたが、どうやら様々な欲の交差は生理的なものではなく、恐怖心から来るものだと判明した。恐怖心を打ち消す為に反発し、そこから得られる背徳感が欲の根源であることが判明した。それらは性欲だけではなく、食欲・睡眠欲等に反映されていたことを知り、唖然とする。全ては恐怖心だったのかと思うと、生理的反応だったのかと府に落ちたと同時に、とんでもない性癖だと落ち込んだ。確かにたまに大食いをしたくなり、カロリー過剰摂取と胃袋が満杯になる背徳感が心地よかったりする。

 

そしてカウンセラーの先生が産休に入るので、後2回でカウンセリングは終了する。おめでたい。

 

薬は…。

 

ロナセン4㎎×5 夕食後

加味しょうよう散 毎食

抑肝散加陳皮半夏 毎食

ブロチゾラム0.25㎎ 就寝前

ラミクタール100㎎ 朝・夕食後

ルーラン4㎎×2 朝・夕食後

エビリファイ1㎎ 朝食後

マグミット250㎎×2 毎食後

コロネル500㎎ 毎食後

 

もう少し安定させてから減薬していきたい。外からの刺激で鬱状態にならなくなったら、減薬しよう。

 

病院の後、2.5キロ程歩いて街に出た。百貨店でウインドウショッピングをしたが、ダイエットに成功したので服を買うのも良いと思った。もう少しお金を貯めたら、服を買おう。

 

少し疲れたので、ミスドで休憩。夢のコラボドーナツ(?)というものがあったので食べてみたが、なかなか美味しかった。一度に二度美味しいとはこのことを言うのだな、と思った。

 

ミスドから出たらぐっと疲れが回ったので、タクシーで帰った。

 

帰って来てから、ずっと寝ていた。久々のヒールで疲れたのかもしれない。

 

だが、太っている時はヒールを履くとすぐに爪先と足首が痛くなったが、今は案外そうでもない。やはり太るのは良くないな。これからは太りすぎず痩せすぎずをキープしよう。

 

追記・一昨日の外国人は宗教勧誘だったらしい。それはそれで怖い。